秋にピッタリ!幼児から小学生低学年まで 子どもと読みたい絵本12選! 

子育て

夏の暑さが過ぎると、いよいよ秋。本を読むのにふさわしい季節ですよね。

そんな秋におすすめしたい、とっておきの絵本をご紹介したいとおもいます♪

心にしみわたる物語や面白いお話など、わりと子どもから大人まで楽しめる絵本を抜粋してみました。ぜひ参考にしてみてください。

「あきにであったおともだち」

あきにであったおともだち

作:亀岡 亜希子

発行:文渓堂

初版:2007年9月

対象年齢:幼児~小学低学年

ページ数:32ページ

イタチの仲間であるオコジョが人間の女の子を好きになる、淡い恋心と好きな女の子のために頑張る姿が描かれた絵本。

また、秋を感じる茶色い落ち葉などがたくさん描かれているので、じっくり見てみてね。

 

14ひきのあきまつり
作:いわむら かずお

発行:童心社

初版:1992年10月

対象年齢:3歳~

ページ数:32ページ

14ひきのねずみの大家族が活躍するこの絵本は、小さな子どもに大人気。秋色に染まった森へ迷子になった兄弟を探しに行くお話し。落ち葉やどんぐり、キノコなどがたくさん描かれていて、なんだかホッとする絵本です。

おおきなかぼちゃ
作:エリカ・シルバーマン

発行:主婦の友社

初版:2011年8月

対象年齢:幼児~小学低学年

ページ数:32ページ

ハロウィンにパンプキンパイを食べたくて魔女が育てた大きなかぼちゃは、びくとも動かない。どうやって動かすんだろ・・・。子ども達の想像力が膨らむ絵本です。

 

「お月さまってどんなあじ?」

お月さまってどんなあじ?
作:マイケル・グレイニエツ

発行:らんか社

初版:1995年9月

対象年齢:2歳~

ページ数:26ページ

お月さまを一口かじってみたいという動物たちが、次々に自分の背中に他の動物を乗せていく。そしてやっとたどり着いた動物がかじった月のあじ・・・どんな味だったと思う?とっても夢のある絵本です。

 

「おかしな?ハロウィン」

おかしな?ハロウィン
作:ザ・キャビンカンパニー

発行:ほるぷ出版

初版:2017年9月

対象年齢:4、5歳~

ページ数:34ページ

おばけに変装してお菓子をもらう子ども達。不思議なおばあさんがくれるお菓子にビックリ!コウモリクッキーやおおかみのふんチョコなど・・・変わったお菓子ばかり。このおばあさんの正体は・・・?子どもと一緒に当ててみてね!

「とんとんとんのこもりうた」

とんとんとんのこもりうた
作:いもと ようこ

発行:講談社

初版:1999年7月

対象年齢:不明だがやや年中さん向け?(読み聞かせなら2歳からでも)

ページ数:32ページ

奄美大島と徳之島にしかいない、アマミノクロウサギの生活をじっくり観察して作られた絵本です。赤ちゃんウサギには過酷と思われるような子育てをしています。人間では育たないような方法が描かれています。

 

「ぎょうれつのできるレストラン」

ぎょうれつのできるレストラン
作:ふくざわ ゆみこ

発行:教育画劇

初版:2016年3月

対象年齢:3、4歳~

ページ数:32ページ

ふくろうのレストランの子どもポーは、お父さんやお母さんのようにおいしい料理を作るコックさんになりたいと言うが、まだ小さいからとやらせてもらえない。自分もレストランのために役立ちたい!と、大冒険するお話し。

 

「ハロウィン!ハロウィン!」

ハロウィン!ハロウィン!
作:西村 敏雄

発行:白泉社

初版:2017年9月

対象年齢:3、4、5歳

ページ数:24ページ

お菓子をもらいに出かけるたろうくん。すると動物たちが現れ、たろうくんが紙や袋をもってきてみんなを変装させます。みんなでおばあちゃんの家に行くと・・・。最後はちょっとびっくりする展開が待っています。

「ほしじいたけ ほしばあたけ」

ほしじいたけ ほしばあたけ
作:石川 基子

発行:講談社

初版:2015年9月

対象年齢:3歳~

ページ数:32ページ

干しシイタケをイメージした絵本です。他にも聞いたことのないきのこがたくさん現れ、ある日きのこの里で事件が起きます。ほしじいたけとほしばあたけが力を合わせて、仲間のきのこを助けるというお話。驚きいっぱいの楽しい絵本です。

 

「おほしさまのちいさなおうち」

おほしさまのちいさなおうち

文:渡辺 鉄太  絵:加藤 チャコ

発行:端雲舎

初版:2018年10月

対象年齢:3歳~

ページ数:32ページ

「お星さまは、夜空にいるだけじゃないのよ。」そうお母さんに教えてもらった男の子が、おほしさまのちいさなおうちを探しに冒険に出かけるお話です。男の子と一緒に探しに行くネコの表情が愛らしく、道に咲く秋の花草がきれいな絵本です。

 

「しゃっくりがいこつ」

しゃっくりがいこつ
作:マージェリー・カイラー

発行:らんか社

初版:2004年10月

対象年齢:3歳~

ページ数:32ページ

読み聞かせに人気で、思わず笑ってしまう絵本です!しゃっくりを止めるとき、あなたはどうしてますか?息を止める?水を飲む?逆さまになってみたり、お友達オバケに手伝ってもらったり、悪戦苦闘しながらしゃっくりと戦うがいこつをオモシロおかしく描いています。

 

「つきのぼうや」

つきのぼうや
作:イブ・スパング・オルセン

発行:福音館書店

初版:1975年10月

対象年齢:読んであげるなら3歳~、自分で読むなら小学校初級向き

ページ数:24ページ

縦35センチ、横13センチののっぽ絵本です。おつきさまがふと、下を見ると池にもうひとりのおつきさまが。それが気になり、つきのぼうやに連れてきてと頼み、つきのぼうやが空から降りてくる様子が描かれています。縦の長さを活かした楽しい絵本です。

 

まとめ

どんぐり、おいも、まつたけ、かぼちゃと秋は美味しい食べ物から、お月さま、もみじ、落ち葉などの秋の美しい風物詩、また、えんそく、ハロウィンなど楽しい行事まで、秋を感じる絵本は盛りだくさんですね。

あなたとお子さまが読書で楽しく過ごせる とっておきの絵本がみつかるとうれしいです。