無印良品「木の家」編~子育てシングルマザーのマイホーム探し~

マイホーム

 

無印良品の「木の家」を見学しにいってきました!

とても素敵な内装とインテイリアの数々。

そして無印良品ならではの家具収納が、無印好きにはたまらないドンピシャな設置具合に心奪われました♡♡

言葉で伝えるのは難しいので、写真を添えてその様子をさっそくご紹介したいと思います。

 

◆無印良品の「木の家」とは?LDKでいうと、「1LDK」だそう。

つなハチ
1LDK?こんなデカいお家なのに?

実際に、室内を見ると壁がほぼない箱式のお家でした!

「木の家」は、家自体がひとつのお部屋となっており、いわゆる「寝室」や「書斎」「子ども部屋」などは、家具などで仕切っている造りとなっておりました。

「家族が常に傍にいる」感じを漂わせる空間でした。

なんとも素敵であります。

「仕切りのないひとつの空間に家族をそばに感じれる」を謳っていましたが、営業さんいわく、例えばお子さまの成長の変化でプライバシーも欲しくなる場合もその都度対応可の家となっているそうです。

建具(引き戸)の取り付け&取外しだったり、故意的に壁を作ったり壊すこともできる、と。

家族と共に成長変化ができる家(カスタムできる家)であるそうです。

 

◆外観

シンプル・・・さすが無印良品。

DSC_0722

玄関ドアはアルミ製。

 

◆バルコニー

1階部分はナチュラルな木製。

2階はスチール製でした。あみあみ感が恐怖で、実際にバルコニーに足を踏み入れることはできませんでした。(下見ると怖いっ!)

◆室内

この日の見学は2月の寒い時期でした。

中に入ると、めちゃ暖かい!解放感ある吹き抜けの造りと、大きな窓で明るいっ!

DSC_0783

素人考えで申し訳ないですが、外観のアルミ製からしてこんなに暖かいとは思いもよらず。。。

しかも、この家1棟にはエアコン1台のみ(エコだな~)で、部屋全体のこの暖かさにびっくり。

壁がほぼない造りの家なので、エアコン1台で家全体の冷暖房がまかなえるらしいです。

「無印良品の家」は、外断熱と内断熱のメリットを兼ね備えた「ダブル断熱工法」とやらを採用してるらしいです。が、なんだか説明うけても、建築知識皆無の私にはよく理解ができませんでした。断熱機能等級でいうと4段階のうち「4」だそうでして、これにより「長期優良住宅」の認定条件を満たしているとのこと。

 

わかったようでわからないが、とにかく断熱検査では一番上位のクラスなんだな。

窓ガラスは3層となっており、開け閉めが結構重かったです。

DSC_0789

◆家づくりの講座

さっそく、お店の方から ど素人のわたくしへ「家づくりの講座」をしてくれました。

DSC_0752

家づくりに必要な8つのポイントをわかりやすく解説してくれる有り難い講座を用意してくださいました。

無印良品の家づくり講座
  1. 「家づくり初心者講座」家づくりは何から始めたらいいの?
  2. 「土地探し講座」土地はどうやって探せばいいの?
  3. 「長期優良住宅講座」住まいは「量」から「質」の時代へ
  4. 「資金計画講座」まずは資金計画。でもなぜ資金計画?
  5. 「設計・建築知識講座」夢をかたちにしてみよう
  6. 「建物の構造講座」家の価値ってなんだろう?
  7. 「住まいの実例講座」施工例から暮らしの方のヒントを見つけよう
  8. 「快適温度家づくり講座」全棟温熱趣味レーション「+AIR」とは?

 

今回は、1番の講座を受けてみました。

講義を受ける前に、物腰の柔らかい営業の方が、自ら丁寧に「お茶」を出します。

そして、「家づくりノート」と非売品「窓の家」キーホルダーとステッカーをプレゼントしてくださいました。

DSC_0816

つなハチ
しかも、スマホのMUJIアプリを提示すると翌日からつかえる500円ポイントももらえたぞ!

おバカな私に親切丁寧の教えていただきました。

時間は1時間程。やはり、母子家庭の身の上お金のことが気がかりです

私は、娘と2人のこじんまりとした造りの家が理想で、2LDKの注文住宅を夢見ております。実家の納屋を解体して、そこに建て替えを望んでおります。

 

この記事もいかがですか?→【母子家庭(シングルマザー)戸建て計画②】住宅ローン 消費税増税前に考える毎月の返済額とは!?

DSC_0725

事情を話すと、営業さんから総予算としては1000万円~1500万円といわれました。

つなハチ
そんな大金もってない。。。

しかも、ステータス的に借入れるお金も融資されにくい(涙)。

こりゃ宝くじでも当たらないかぎり(T_T)、無印良品の家は無理ですな(笑)

気分切り替え、講座が終わると一気に内装見学!

 

◆1階のリビングとダイニング

広々とした空間に、「木の家」ならではの木製の素材があますことなく敷き詰めらてて、落着き感がありました。

◆キッチン

ステンレス製のキッチンとIHコンロ。

1、キッチンから見たダイニング&リビング

 

DSC_0770

やはり、大きな窓と、仕切りのない(壁が無駄にない)空間が部屋の明るさを保てられていると感じました。

2、食器棚

統一感、ばっちりです。

この食器棚の前には引き戸の建具がスライド式にありました。

お客さんが訪問したときには、この食器棚まるごと隠せます。

3、対面式のカウンターキッチン

キッチン手前はこんな感じ。

DSC_0751

◆トイレ

これは…トイレットペーパーの上がないっっ!!!

ダサい私は、「欠品」と勘違いしましたが、これは無印良品の世界観なのか、「おしゃれシンプル」の解釈でよさそうです。

◆脱衣所&お風呂

浴室の床は弾力がありまして、ヒンヤリ感もなく安定して足を運べました。

現在、我が実家の昭和チックなタイル床だと冷たくて滑りやすいという難点がこの仕様だと「無」ですな。

ただ、浴槽まで続く横長い鏡に個人的に「難あり」でした。

 

◆2階のお部屋

続いて、2階へあがる階段と2階のお部屋へ。

大きな吹き抜けを囲うように「書斎」「寝室」「子ども部屋」があります。

もちろん仕切りの壁はございません。仕切っても、それは家具が壁となっておりました。

1、寝室

ステンレスのユニットシェルフがワードローブとして空間を仕切っていますね。

2、2階から見た1階の様子

◆その他、素敵なインテリアや家具たち

無印良品の収納で、とてもスッキリみえます。

無印の商品だと規格やサイズがドンピシャでハマるアイテムが豊富にあるので、素人でも「片付け上手」になれるところに心奪われます。

 

◆まとめ

期間限定ですが、契約すると「30万円分の無印商品」をプレゼントするそうです。

いつ開催かは不定ですが、年4回ほど突発的に企画されるそうなのでその時に契約する方も多いそうです。

つなハチ
30万円はでかいな。せっかく新築するなら、新調したい家具は無印で揃えたいぞ☆彡

お金はないけど、このシンプルさと統一感にやられっぱなしの見学となりました。

欲しいなぁ~、住みたいなぁ~。

しかも「長期優良住宅」認定のこの暖かさ。

しかし、夏はどうなんだろう?この暖かさゆえ、逆に夏場は熱がこもりやすいののでは??

暑い時期にももう一度見学にいってみて、涼しさを体感してみたいと思います(^^)/。