寝かしつけに苦労。おやすみなさいを楽にする道具①~くまのプーさん「6WAY」メリー~

子育て

寝かしつけにとても苦労してます。

とにかく、うちの子は寝ません。

私の寝かしつけが下手なのかもしれないけど、とにかく娘は赤ちゃんの時からあまり寝ませんでした。

今4歳ですが、毎晩22:00に就寝。

親としては21:00には寝付いてほしい。

そのあとは、あったかいコーヒーでも飲みながら自分時間をゆっくり過ごしたいのが夢。

しかし、娘が22:00に寝ると共に私も仕事で疲れて寝てしまう(゚Д゚)ので結局自分の時間はもてずに朝になる。

やりたい事はたくさんあるのに~、全くできてない日々に悶々~。

赤ちゃんの時も 二時間置きに覚醒し、ギャン泣き。

まとまった睡眠がとれず頭がおかしくなりそうになりました。

これって、人それぞれ。

すっごく寝てくれる子もいれば、うちみたいに短時間覚醒+ギャン泣きなど。

どうやら妊娠中の生活とかが関係しているらしいが、詳しくは知らない。

わたしはどうやら妊娠中に寝付きの悪い赤ちゃんを育て始めていたようだ。

それはさてとて、今はま一括で朝まで寝てくれるので まだましだな。

 

私にとって、育児で一番大変さを感じたのは 一般的なしつけ より 自分自身が眠ることができないこと。

人間って寝ないと精神崩壊されます。

もしかしたら、私の離婚要因のひとつに睡眠不足によるイライラがあったのかもしれない。

寝かしつけ下手は、道具に頼る!

自分の睡眠欲しさに藁をもすがる思いで、金は惜しまず即決買いしたのが

くまのプーさん6wayへんしんジムメリー

メリーが音楽とともにゆっくり回る。

ソレを嬉しそうに目で追う我が子。

時間内までにメリーが回り終えるとともに、娘も眠っていらっしゃるではありませんかっ(^o^)!

組み立ても簡単。

鋭利な装具もなく、安全安心の「はめ込み式」だったのですぐに稼働することが出来たよ!

あっ!電池(単2アルカリ乾電池3本)は別売りなので自分で用意となりました。

ジムメリーの用途は寝かしつけだけではなかったっ!

やさしいライト機能付き

暗い寝室にぼんやり灯りがともる。

〈明るさは2段階〉

1段階:ぼんやりライト

2段階:明るめライト

夜中のオムツ替えもこの灯火で寝ている子を起こさずこなせた。全ては、自分の睡眠確保のため。

豊富な音楽付き

童謡からクラッシク全22曲と豊富。

歌音痴な私より正確な音程と穏やかな優しい音楽で娘もご機嫌でした。

自分でボタンをタッチしたら音が出るから、押す楽しさが芽生えます。

なので、音が止むと押す。の繰り返しを延々と遊んでくれるので、わたしも娘の遊び相手をせず、一息つくことができた。



可愛らしいぬいぐるみたち

口に入れても安全性の高いぬいぐるみが3体ついています。(プーさん、ピグレット、ティガー)

取り外し可能。

外出時やお散歩のときにも持ち出しできるよ。

しかも何度も洗濯してもよいので、衛生的っ。

よだれ や 離乳食の汚れがついても、洗濯できれば清潔。

くまのプーさんやその仲間たちの可愛らしいメルヘンなぬいぐるみがメリーからぶらさがつていて、赤ちゃんのご機嫌とりをしてくれる。

にぎにぎ よくしてたなぁ~(懐)。

発育の補助。土台となる!

6ヶ月頃からはお座りも上手にでき、8ヶ月頃からつかまり立ちができるようになりますね( ´∀`)。

そうなるとジムメリーはメリー自体を支えに立ったり座ったりすることができるという変身ぶり。

つかまり立ちの高さも約50㎝と ちょうどよい高さ。

0歳から1歳頃まで長く使えるおもちゃですなっ。

ちなみにうちの子は3歳まで遊びました!

2歳頃からの独自の遊び方

①ダイナミックに「跳び箱」がわり

②ジム自体を分解組み立て

タカラトミーさん!!我が家では、「6WAY」ならぬ「8WAY」とご期待以上に遊べましたよ!



まとめ

価格は、12,000円(税抜)と なかなか手はだせない金額ですが、0~3歳の正味4年間も使えたので元は取れた感で納得です。(年3,000円と考えると安い買い物だった)

価格以上の価値はありますな。

わたしは、即!今!欲しかったので店頭で正規価格で購入したけど、ネットで買えば1万切ってるのを目にします。

しかも、なっといっても私に睡眠を与えてくれたことが大助かり!(涙)

 

睡眠があれば、心も穏やか。つまり育児のフラストレーション大幅減なのでありますな~( ´∀`)。

つまり、子にとっても母にとっても良い品物であった。

大変お世話になったこのジムメリーも、今は いにしえ・・・・。

物置部屋にひっそり置かれています。

育児に家事に忙しいママパパや、出産祝いの品としても喜ばれるんじゃないかな。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村