うま味凝縮っ!とうもろこしをアイラップで簡単時短調理。皮ごと5分で電子レンジでチンしてみた!

料理

トウモロコシ。

夏の食材としてのとうもろこし、おいしくて大好き。

収穫して時間がたつと美味しくなくなるので、手に入れたら早めに食べてしまいたいですね。

でも、調理法として、蒸したり茹でたりって、正直、夏場は暑くて面倒。

食べるのは好き、でも調理は嫌い。。。

皮むいてヒゲ除くのすら面倒くさいわ。

とうもろこし、電子レンジで簡単調理!

用意するもの
  • トウモロコシ 1本
  • アイラップもしくはラップ
  • 包丁
  • 受け皿

これだけ。

あえて、手間がかかると感じるのは「包み」の工程(私の場合)。

ラップ、うまくチギレナイ派の超不器用なおばさんです。

つなハチ
ラップ使うと、グチャ~となって、2~3回はうまくちぎれずくっついって結局丸めてポイっ。

もう、自分にイライラっ。

包みすら、MAXめんどくさい。

そこで見つけたのが、重宝アイテム「アイラップ」

そんな ダラしい私はもっぱらアイラップで済ませてしまう。

トウモロコシ簡単調理グッズの「アイラップ」とは!?

一見、ポリ袋に見えるけど、これ耐熱120度耐冷-30度ラップ代わりのポリ袋なんです。(もちろん、ポリ袋としても使えます♡

wp-15969901799761280015488600763364.jpg

 

wp-1596990169144612711826999245296.jpg

しかも まちつきなので結構ワイドにものを入れることができまして、この袋に入れて簡単に調理・保存ができちゃいます。

わたしは ラップ代わりに使用してます。

耐熱が120度なので、袋のままレンチンできる優れもの。

一枚ずつ取り出せので、衛生的でお値段も約120円とお安い。

ラップ嫌い派な私は、ホームセンターなどで見つけたら即買いです。

電子レンジを使った調理手順

①穂先を包丁ですこし切ります。

wp-15969902133377012781293327663484.jpg

 

②外回りの汚れた皮が気になるようであれば、1~2枚剥いちゃいましょう!

③アイラップ・もしくはラップで皮ごと包みます。

wp-15969901975234694949821636120555.jpg

 

④受け皿に アイラップで包んだトウモロコシを置き、電子レンジ500ワットで5分。

600ワットなら4分10秒。

wp-15969901727406455186605121556705.jpg wp-15969901811386885232957744210172.jpg
電子レンジのワット換算式ならこちらが便利

→→→レンジで何分?換算式

◆◆500Wの時間(分)= 600Wの時間(分)× 1.2

◆◆600Wの時間(分)= 500Wの時間(分)÷ 1.2

と覚えてたらよいですね(^^)/

電子レンジでの調理では、1本ずつしてください。

なぜかというと、2本だと電子レンジ特有の温かい部分ぬるいままの部分などの「温めムラ」がでてきたりします。

 

たくさんのトウモロコシを調理したい場合には、逆に蒸し器やボイル鍋での調理法の方が効率的かもです。

→→→トウモロコシ蒸し器グッズ

 

⑤取り出したら、そのまま常温で放置。

wp-15969902097551240738598475632503.jpg

熱いうちにラップを取り外すと、高温でやけどしてしまいますし、なんといってもトウモロコシの「シャッキシャキ歯ごたえ」の粒が縮んでシワシワになってしまいます。

みずみずしいトウモロコシの粒感触を味わうために、包まれたまま粗熱がとれるまで冷ましてください。

 

冷めたところで、皮むいて実食です。

こちらが、完成のトウモロコシ♡

wp-15969901892599136470937278410335.jpg

トウモロコシ便利グッズ

トウモロコシをそのままかぶりつくのが苦手。

歯に薄皮挟まって気持ち悪い。

シャキシャキな粒だけ食べたい

もしくは粒を他の料理に使いたいならこちらがおススメ!

→→→トウモロコシの粒カッター

まとめ

こどものおやつとして、旬の食材トウモロコシを簡単に調理してみました!

袋に入れて、そのまま調理ができるというお手軽さっ。

蒸し器をつかったり、ボイルしたお湯で茹でたりって、手間もかかるし、

この方法だと、大きな鍋の洗いもない!

時間もかからず!

なんといってもウマ味が凝縮してすごく美味しいかったので、この調理法でぜひ試してみてください♡